泥の詩、土の夢。

dorotsuchi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 08日

ちょっとだけできたぞ。

プロトタイプを専任で担当しているミヤちゃんです。
ご覧の通り、割竹を使って、建物の構造部分を作っていってます。いずれは、建築家の方にもお知恵を借りますが、まずは僕らがイメージする空間をカタチにしてみるつもりです。
なお、僕は自分のことをいわゆる左官ではなくて、泥工(でいこう)と名乗っています。なんていうか、壁を塗ることが中心の左官と比べて、もっといろいろな泥や土を使った仕事がしたいなあとの想いで、近頃はそう言うことがあります。
さあ、もうちょっと頑張るかな。(三宅洋児/みやけようじ)



f0151192_1035859.jpg
                    場所はまだ秘密(笑)。
[PR]

by dorotsuchi | 2007-09-08 07:21


<< ほらほら、みえてきた。      想いはカタチにしなければ。 >>